コラム『腰痛を抱える人の特徴!?』

コラム『腰痛を抱える人の特徴!?』

こんにちは!!北海道ヘルスケア.netの山本です!!


今回もよろしくお願いします!


今回のコラムは腰痛の方の特徴を腰以外の視点からお話しした、豆知識的なコラムになっております!!


ゆる〜く読んでください笑


それでは早速まいりましょう!!

下半身の筋力と腰痛の関係性

腰痛患者とそうでない人の下肢筋力を比べた研究があるのですが、結果は有意に腰痛患者の下肢筋力が低下していました。

どの筋肉が低下しているかというと、、、

大腿四頭筋(膝関節を伸ばす筋肉、太ももの前にある筋肉)

大臀筋
脚を後ろにのばす筋肉、お尻の筋肉)

中臀筋
(脚を外側に開く筋肉、お尻の外側にある筋肉)

どの筋肉も脚を動かすためには重要な筋肉です。

そして、腰痛の改善のためにも鍛えておきたい筋肉です!

扁平足と腰痛の関係性

次は足と腰痛の関係についてです。

扁平足というのはご存知でしょうか??


土踏まずがつぶれて、足の裏全体がペタっとつくような足です。

足のアーチがつぶれているともいいます。


このアーチがつぶれていると腰痛になるリスクが高くなります。

特に女性の腰痛患者さんでアーチがつぶれている方は結構います。



アーチがつぶれることで、膝や股関節の動きが連鎖的に誘導され腰を反らせる方向へと導きやすくなってしまします。



つまり、アーチがつぶれることで腰を反った姿勢が定着し、腰に負担がかかり腰痛を引き起こすようなイメージです。


しかし、アーチがつぶれているから必ずしも腰痛になるというわけではないです。


逆に腰が反っているから、必ずアーチがつぶれて扁平足になっているというわけでもないですのでご注意ください。


あくまで、扁平足と腰痛の関係性を調べたらこのような傾向があったという研究結果です。



それでは今回はこの辺で!!次回もお願いします!!




北海道ヘルスケア.net
理学療法士 山本和真

コラムカテゴリの最新記事