セルフケア『簡単にできるお膝のケア』

セルフケア『簡単にできるお膝のケア』

こんにちは!!北海道ヘルスケア.netの山本です!!


今回もお願いします!!



今回は簡単にできるお膝のケアということで、膝の調子が悪いときにオススメのセルフケアをご紹介いたします!!


普段の生活のなかで、膝に負担のかかることはたくさんあります。


・しゃがむ
・正座
・階段
・ジャンプ
・走る
・肥満



など、このほかにもあると思います。


また、加齢や運動不足により膝自体の耐久性が落ちることで、少しの負荷でも膝に負担がかかってしまうこともあります。



そうならないためにもちょっとした運動で予防をしていきましょう!!


今回は3つのセルフケアをご紹介いたします!!

どれも簡単なので是非チャレンジしてみてください!!



お皿マッサージ

膝蓋骨(お皿)の色々な方向へ動かして、膝蓋骨(お皿)の周りの組織をマッサージしていきます!!

ポイントは色々な方向に動かすことが大切です。

また、動きにくい方向があれば積極的に動かしていきましょう!


全方向に膝蓋骨が動いていればgoodです!!


力を入れて動かすのではなく、優しく大きく動かしていきましょう。


パテラセッティング

次はパテラセッティングですが、(パテラとはお皿のことを言います。膝に力をいれて、お皿をキュッ!と引き締めるイメージです笑)


膝に力をいれて5秒間キープします!最大の力でキュッと引き締めましょう!
その後、力を抜きます。


また、5秒間力をいれてキープ→脱力の繰り返しです。


膝の下にはクッションやタオルを丸めた物など、なにか敷いて行いましょう!!


爪先はまっすぐ天井へ向けて、足がねじれていないか確かめながらやることをオススメします!


力が入ると、膝の内側がポコっと盛り上がり、硬くなります。

こうなっていれば、上手にできている証拠です!!



膝の可動域運動(下腿回旋)

名前はなんか難しいですが、そんなに気にしないでください笑

要は、膝関節の動き促して、改善させましょう!!というセルフケアです。


膝が左右に動かないように気をつけましょう!

足を手で掴み、ねじるように動かします。


このとき力ずくで動かさないでください。

もともと、動く範囲が小さいので少し動かす程度でOKです!!


これも動きにくい方向へしっかり動かすことが大切ですが、内側方向への動きが少ない人が多いので内側へしっかり動かしましょう!!




この3つのセルフケアで膝をいたわってあげましょう!!


それでは今回はこの辺で!!次回もお願いします!!


北海道ヘルスケア.net
山本和真

セルフケアカテゴリの最新記事