コラム『体に良いオススメの食べ物10選!!』

コラム『体に良いオススメの食べ物10選!!』

こんにちは!!北海道ヘルスケア.netの山本です!!


今回も健康や予防に関する情報をお届けいたします!!

よろしくお願いします!!


今回のコラムは体に良いオススメの食べ物をご紹介していきますので、普段の食生活に取り入れてみても良いと思います!!



それでは早速まいりましょう!!


体に良いオススメの食べ物10選

  1. オリーブオイル
  2. ナッツ
  3. ワイン
  4. チョコレート
  5. 大豆
  6. チーズ
  7. ブルーベリー
  8. コーヒー
  9. 生もの



1.オリーブオイル

色々な油がありますが、その中でもオリーブオイルは特に体に良いです!!


一番のポイントは血糖値の上昇を抑えることです!!

ただ、オリーブオイルでもエクストラバージンオイルにしましょう!

パスタやパンに加えると血糖値の上昇を抑えてくれます。

逆にオススメしない油としては「マーガリン」です。

トランス脂肪酸という物が含まれているためです。


このトランス脂肪酸を取りすぎると、心臓病のリスクが上がるので気をつけてください!!



2.ナッツ

クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオなどのナッツ類にはビタミン、ミネラル、食物繊維、不飽和脂肪酸など、体に良い成分が入っています!!


小腹が空いた時にはナッツ類がオススメです!!

ただ、なるべく無塩で加工されていない物を選びましょう!

塩気の強い物ばかり食べると、塩分過多になります。


また、余計な添加物などが入っていないものを選ぶようにしましょう。


3.ワイン

ワインには「ポリフェノール」が含まれています。

特に赤ワインには多く含まれています。

ポリフェノールは「抗酸化作用」を持っています。

老化やがん、生活習慣病の予防につながります。

白ワインはミネラル成分の影響で痩せる効果があります!

ですが、、、飲み過ぎには注意してください


4.チョコレート

チョコレートの原料になるカカオですが、このカカオはポリフェノールの塊であり、抗酸化作用があります。

しかし、チョコレートならなんでも良いと言うわけではありません。

スーパーなどでいろいろなチョコレートがありますが、大切なのはカカオの含有量です!!


すごく甘いチョコレートにはカカオの含有量は少ない可能性があります。


最近では、パッケージにカカオ含有量が表示されているものもありますが、なるべくカカオ70%以上の物を選びましょう!!

少し苦くて大人のチョコレートですが、おすすめです!!


5.大豆

豆腐などの大豆製品には植物性タンパクが含まれています。

タンパク質は三大栄養素の一つであり、大豆から良質なタンパク質を摂取することができます!!


また、大豆に含まれるイソフラボンにはポリフェノールと同じような働きをします。


6.チーズ

チーズはあまり血糖値を上げずにタンパク質を摂取することができます。


ただし、人工的に固められたプロセスチーズではなくナチュラルチーズを選びましょう!!

血糖値の急激な上昇や血糖値のコントロールができないと肥満の要因にもなりますので、そういった意味では、チーズは血糖値の影響を考えずに摂取できます。


7.ブルーベリー

ベリーの種類にはクランベリーやラズベリーなどありますが、中でもブルーベリーが特に優れています!!


ブルーベリーにも、抗酸化作用があるポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれており、老化を促進するAGEという物質を減らしてくれます


また、アントシアニンには疲れ目などの目のケアにもオススメです。

ビタミン類も豊富で、糖質もそれほど多くありません。



8.コーヒー

コーヒーには糖尿病の発症を抑えたり、動脈硬化を抑えてくれる働きがあります。


ただし、ブラックコーヒーに限ります!!

甘いコーヒーでは逆に糖尿病のリスクを上げてしまう可能性があります。




9.

酢には血糖値を下げる効果があります。また、血圧を下げてくれる働きもあります。


酢に含まれる、クエン酸やアミノ酸は疲労回復には欠かせない物質であり、夏バテ予防にも役立ちます。


酢には米酢、玄米酢、黒酢、ワインビネガーなどいろいろな種類があります。


ここで大切なのは、天然の醸造酢を選ぶことです!!

合成酢は避けましょう。


天然のものと合成のものでは別物と考えて良いでしょう。



10.生もの

食品は調理の仕方で、栄養や毒性が変化します。

例えば、野菜に熱をくわえることで、ビタミンが減少してしまいます。

魚や野菜はできるだけ生で食べることを心がけると良いでしょう!


また、食品を加熱するとAGEが増加し毒性が高まります。


生で食べると言うことは余計な加工がされていない、新鮮な状態で食べるということになります!!



今回ご紹介した10種は、健康に良い影響をあたえますが、それだけを食べたり、食べすぎたりすると、栄養のバランスが崩れたりし、逆に体調を壊す可能性もあります。


そのため、適度に摂取することをおすすめします。


けっして、これらの食べ物で病気に絶対にかからないと言う保証もありませんのでご了承ください!!



それでは今回はこの辺で!!

次回もお願いします!



北海道ヘルスケア.net
理学療法士 山本和真

コラムカテゴリの最新記事